地デジアンテナの種類

地デジアンテナには、さまざまな種類のものがあります。その中でも人気の高いUHFアンテナとデザインアンテナの特徴を比較していきたいと思います。

UHFアンテナとデザインアンテナの比較

UHFアンテナの特徴

魚の骨のような見た目が特徴となっています。昔からよく利用されているので、一度は目にしたことがあると思います。日本の多くの家庭にある理由としては、地デジアンテナの中でも比較的安価なためだと言われています。約5000円ほどで安定した電波をひろうことができる優れものです。

デザインアンテナの特徴

最近新築の家などで多くなったのが、このデザインアンテナになります。スカイツリーができたことにより、電波の範囲が広がりました。そのため、設置できる範囲も広くなったのです。UHFアンテナより少々値段の高い1万円前後という値段ですが、そのスタイリッシュな見た目から人気が高まってきています。

コスパか見た目か

UHFアンテナとデザインアンテナの比較をしましたが、簡単にまとめるとデザイン性を重視するかコストパフォーマンスを優先するかということです。数年に一度しか交換しない地デジアンテナなので、最近ではデザインアンテナを利用する家庭が増えてきています。もし全国的に設置できるようになれば、もっと数が増えていくでしょう。次はよくある地デジアンテナに関する疑問に答えていきたいと思います。

地デジアンテナに関するよくある質問

おすすめのアンテナはどれですか?

デザインアンテナの設置をおすすめします。地デジアンテナの設置を依頼される方の多くが、引越しをして新居にアンテナを取り付けてほしいという内容で相談してきます。デザインアンテナは、見た目がカッコよく、どのような外壁であっても家の景観を損ねることがほとんどありません。また、他のアンテナに比べると落雷に強いという特徴もあります。

自分でも設置できますか?

自分で地デジアンテナを設置することは可能ですが、さまざまな不具合が発生してしまう恐れがあります。電波は繊細なものなので、少しアンテナの方向がずれてしまっただけで、電波強度が大きく変わり、安定してテレビを映すことができなくなってしまう恐れがあります。電波に関する知識がないのであれば、専門業者に設置してもらうことをおすすめします。

設置工事にかかる時間はどのくらいですか?

アンテナ工事にかかる時間は、作業する人数や経験値の差で大きく変わります。ここで紹介する時間はあくまで目安としてとらえて下さい。UHFアンテナとデザインアンテナの新規工事には90分、BSやCSアンテナの取り付け工事には2時間ほどかかります。これは、アンテナ設置作業の時間なので、電波をしっかりと受信しているかなどの確認作業なども別でかかります。

設置にはどのくらいの費用がかかりますか?

地デジアンテナを設置するための費用は、条件により大きく変わります。設置場所、設置する商品をはじめとした、いろいろな要素により料金が決定します。そのため、費用はピンキリです。世間一般的には5万円ほどの予算は最低限必要と言われています。業者によって費用や対応の差があるので、気になる方は口コミを確認するといいでしょう。

地デジアンテナを設置してもらう業者の選び方や注意点を紹介

アンテナ

どのように業者を選ぶか

地デジのアンテナ設置を受けている大手家電量販店などがありますが、そこに依頼するのはあまりおすすめできません。その理由としては、信頼度が高いというメリットがありますが、実際に工事へ来るのは地元の工事業者になるからです。つまり大手家電量販店は仲介をしているだけなのです。仲介しているということは、手数料を取られてしまうので、直接地業者に依頼するよりも高い工事料金を請求されてしまいます。また、他の業者の話を出して値引きをすることなどもできなくなってしまいます。

現地調査がいい加減な業者

地デジアンテナの設置は簡単な作業に思われることが多いですが、とても繊細な作業になります。電波の状況によっては、素指数の多いアンテナを選ぶといった状況判断が必要になります。また、ブースターと呼ばれる装置が必要になったり、マストによってアンテナの高さを調節しなければいけなかったりと、設置工事は住宅の環境によって大きく変わってくるので、その都度柔軟な対応をしていかなければいけません。そのため、現地調査がいい加減な業者を利用することは、絶対に避けた方がいいです。現地調査の段階に断ることで、料金が発生することは少ないので、対応がしっかりしていない業者は遠慮せず断るようにしましょう。

対応が雑な業者

優良な業者が多いのは事実ですが、中にはほんとにこれで営業しているのかと疑いたくなるような対応の会社も存在しています。そんな対応が雑な業者にデリケートな電波工事を依頼したくないと思います。また、対応が雑なだけでなく、いい加減な業者もやめた方がいいです。住宅の環境により工事の工程などが変わる場合もありますが、詳しく状況を確認せずに見積もりを出してくるような業者は、後から請求金額が変わってくる恐れがあります。優良な業者は、分からないことを質問する前に説明してくれるなど、対応に慣れていることが伝わってきます。問い合わせの段階でおかしいと思ったら利用しない方が後のトラブルを避けるために有効です。

必ず見積もりを出してもらおう

見積もり金額を出してもらうことで、金額的なトラブルはなくなります。電話で見積もり金額を聞いていたから、その通りの値段になると思ったら大間違いです。実際に現場を見てからでないと、正確な見積もりを出すことはできません。優良な業者であれば、現場や電波の状況を確認してから、必ず見積もりを出します。そして、見積もり金額から値段が上がることはありません。業者にとって見積もりを出すのは面倒なことですが、依頼者とのトラブルを避けるためには必要不可欠なことです。トラブルなんてどうでもいいという業者は見積もりを出そうとしないので、作業前に必ず出してもらうようにしましょう。